首のイボを自分で取るのはアリかナシか?!

首のイボが出来てしまった時、皆さんはどんな対処法をしていますか?
大事をとって病院へ行きますか?

 

でも、病院へ行くのが面倒だな、あまりお金はかけたくないな、と思っている方も多いですよね?
病院へ行かずとも治せる方法があるなら、知りたくないですか?

 

もちろん、首のイボといっても良性と悪性がありますから、悪性でしたら迷わず病院へGOですが、
良性であるなら何も病院へ通院せずとも自宅で自分で取る方法を選ぶのもアリではないでしょうか?

 

自分で首のイボを取る方法で最も時間がかからないのは、ハサミで切ってしまう方法です。
ごく小さいイボなら大丈夫だとされています。

 

一度で除去できて、痛みも少なく、出血もないことから、自分で取る方法としては重宝されていますが、
注意しなければならないのは大きなイボの場合は、決して自分で取る方法は止めていただきたいということです。

 

大きなイボは自己処理すると危険です。

 

ハサミ以外にピンセットや爪切りでイボを取るという方法がありますが、これはリスクが高いので止めた方がいいでしょう。

 

その他、首のイボを自分で取る方法として、有名なのがヨクイニンです。
ヨクイニンはビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富で、老廃物の排泄や皮膚を柔らかくする効果が期待できます。

 

いわゆる血流を改善しながら、少しずつ体質を変える方法として、首のイボには使われてきています。

 

ヨクイニンとくると次は杏子エキスについても話しましょう。

 

杏子エキスは乾燥対策に使えるエキス。
天然由来で毎日のスキンケアにもお勧めです。

 

杏子エキスは肌の新陳代謝を高める効果もありますので、首のイボ対策で大事な保湿と、ターンオーバーの乱れ改善に効果的だと言われています。

 

その他、市販薬でも首のイボを自分で取るにはいいものがあるようです。
調べたところ、代表的な市販薬をご紹介しますと・・・。

 

・イボコロリ
・スピール膏
・イソジン軟膏

 

などがありました。

 

これらはすぐに治るという訳ではありませんが、首のイボに添付することで改善する方法なので、効果の過程が分かり易くて、コスパも良いことから選ばれています。
だいたい千円前後で購入できます。

 

そういったコスパの面も考慮して、首のイボに効果的で、自分で取ることが出来るもので、とっておきのものがあります。

 

それが、ハトムギエキス(ヨクイニン)と杏子エキス配合の、艶つや習慣というジェルなんです。
だいたい、イボに効くと謳っているクリームやジェルは、2.000円〜7.000円の範囲で販売されていますが、高ければ高価がある、という間違った見方をしてはいけません。

 

艶つや習慣は2.052円で購入できる上に、首のイボに効く成分がたくさん配合されている、首のイボを自分で取るという方法の中で、一番お勧めなジェルとなっています。

 

コスパと効果を叶えた夢のような首のイボ対策のジェルとして、これからも活躍すること間違いなし!です。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

液体窒素でのイボの治療は痛みがある?今知りたい本当のハナシ!
液体窒素でイボをとると痛みが伴うと言われています。液体窒素で傷みを我慢してイボを取ること以外にイボの治し方はない?
妊娠中にイボができた!?液体窒素で治すしかないの!?
妊娠中でもイボは出来てしまいます。一般的な液体窒素で治療するしかない?妊娠中でもイボ治療に液体ちっど以外の治療法はあるの?
首のイボの予防法アレコレ!
首のイボが出来ないようにどんな予防法がある?首のイボの治療法について解説します!
首のイボ=イボコロリはもう古い?
首のイボと聞いてすぐ思い浮かぶのがイボコロリ!でも首のイボにイボコロリは使えないという噂が!