液体窒素でのイボ切除は痛みが伴う?知っておきたいホントの話

イボの治療法の一つに液体窒素療法があります。
液体窒素療法は日本で行われているイボ治療法としては、最もポピュラーであります。

 

ですから、イボが出来てしまったら、迷わず液体窒素療法をする方も多いようですが、液体窒素療法に隠された、メリット、デメリットを知っておきましょう。

 

まず、液体窒素療法とはどんな療法なのか?

 

-196℃の液体窒素を綿棒に染み込ませ、イボに押し付けて壊死させるという療法。
イボの部分の下の細胞が活発になって、新陳代謝がうまくいくようになり、新しい皮膚が再生されることで、イボを除去するというからくりです。

 

液体窒素療法のメリット
・保険が適用されるので、数か所で数千円程度で済む
・治療時間が5分程度

 

液体窒素療法のデメリット
・強い痛みを伴う
低温火傷で壊死させるので、治療後水膨れや内出血が生じることがある

 

・色素沈着を起こす
顔や首など目立つ箇所のイボには適していない

 

・何度も通院しなければならない
イボを取り切るまで3カ月〜1年かかると言われている

 

・再発するケースがある

 

メリットよりデメリットの方が多く、液体窒素療法はリスクがあるように思いますが、安く出来て数分で終わることには勝てない何かがあるのかもしれません。

 

デメリットでの痛みを伴うで補足しますが、例えば、子供が液体窒素療法を受ける時、その痛みに耐えられるのでしょうか?
ちょっと調べてみたのですが、大人でも痛いのですから、子供はその何十倍も痛みを感じる可能性が大きいです。

 

それは、治療時に叫び声を上げること、逃げようとすること、という報告からも分かります。
足の裏のイボなどの場合は、治療後、靴も履けず、歩くこともできないくらいの痛みだそうです。

 

それでも、2日くらいすると、まだ痛いようですが歩けるようになるようですが、お母さん方からは、液体窒素療法はなるべく受けさせたくないという声を聞きます。

 

それでも、他のレーザー治療などは高額ですし、続けるとなると通院する手間もかかります。
何かいい方法はないでしょうか?
と聞かれたら、私は迷わずこちらの方法をおススメします。

 

それがイボに塗るだけで治す艶つや習慣というジェルなんです。

 

この艶つや習慣、イボに効くだけでなく、体全体にお使いいただける、角質ケアをしてくれる優れたジェルなんです。

 

痛い思いはしたくない。
病院に通院する時間がない。
と思っている方には是非試していただきたいジェル。

 

これなら子供でも安心してお使いいただけます。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

関連ページ

妊娠中にイボができた!?液体窒素で治すしかないの!?
妊娠中でもイボは出来てしまいます。一般的な液体窒素で治療するしかない?妊娠中でもイボ治療に液体ちっど以外の治療法はあるの?
首のイボを自分で取る!その方法アリ?ナシ?
首のイボを自分で取る方法はどんなものがあるのでしょうか?首のイボを自分で取る安全な方法とは?
首のイボの予防法アレコレ!
首のイボが出来ないようにどんな予防法がある?首のイボの治療法について解説します!
首のイボ=イボコロリはもう古い?
首のイボと聞いてすぐ思い浮かぶのがイボコロリ!でも首のイボにイボコロリは使えないという噂が!